2014年04月21日

インド人

先月からインドにいた。

約1ヶ月ほどの滞在の間で、僕はインド人っぽい人を見るたびほほをビンタしてひげをむしりたくなるようになってしまった。インド人経営のカレー屋に行ったら、店員を整列させて順番にビンタ!むしり!ビンタ!むしり!ってやってしまうので、今後インド人経営のカレー屋には行くことはできなくなってしまった。

今はまだむしりたくなるくらいで治まっているが、インド人憎しの全盛期の時は本気で殺してやろうかと何度か思った。

奴らはまず、100%サギってくる。タクシーやリキシャ(人力車みたいなの)に乗るたびぼったくられるため、末期は価格交渉に完全に疲れて言い値で払ってしまっていた。そして道にゴミを捨てまくる。タバコの吸殻は当然のこと、ペットボトルとかお菓子の袋とかもうなんでも捨てる。

そして道を歩くとサギの人たちが声をかけてくる。しかもサギの数が半端ないので、ひとたび街を歩くと10人くらいから声をかけられる。ご飯を食べてても声をかけられるし、チャイを飲んでても声をかけられる。旅先は一人でゆっくりしたい派の僕にとって、インドはマジ無理だった。

あとは、ネットに載ってるインド人サギは一通り経験した。高い宿に泊まらされそうになったり、電車の切符を法外な値段で買わされそうになったり、まあ色々。

そもそも、なんでインドに行くことになったのか。

旅の最初、僕には連れがいた。その連れは、マカオのカジノで旅行資金を稼ごうと言った。マカオで旅行資金を稼げば、実質タダで旅ができるではないか!彼は天才だと思った。

そしてマカオ初日、彼は全財産をカジノで失った。彼はお母さんに連絡を取り、帰りの航空券代を振り込んでもらい、帰国の途についた。


一人になってしまった僕は、呆然と彼を見送り、ふと思い立った。そうだ、インドに行こう。ガンジス河のほとりで座禅を組んで修行して、超能力を手に入れて、カジノで儲ければ旅の資金が稼げるぞ。


全然反省していなかったのである。

つづく。




posted by ゆうだい at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

地獄のミサワをキャスティング

地獄のミサワさんの運営するサイト「女を惚れさす名言集」

たった一言で、女の子がキュンとくるような名言を毎日更新されています。

例えばこういうの。

20100910_1931622.gif

上記の一言を発することで、何か裏事情を知っている感じで、謎めいたかっこいい男を演出することができます。

このように、女を惚れさすモテワードが、このサイトには盛りだくさん。

しかし、名言とは少なからず、功なり名を遂げた人物が言うことで大衆の支持を得るものですよね。
もちろん説得力も違います。あの人が言うならそうなんだろうと、実績のある人が言うとなぜか納得できるものです。

そこで今回僕はこのモテワードについて、実在の人物をキャスティングしてみました。


最初は、先ほどの名言から。

20100910_1931622.gif

damattoko.jpg

なんにも知らないから黙っとこーっと
俺なんにも知らないから黙っとこーっと

―ジョン・エドガー・フーバー(元FBI長官)

様々な諜報活動により、あらゆる機関の重要機密を知り尽くした男、エドガー・フーバー。彼がこの言葉を発したところで、誰しもが「絶対知ってる」と思うはず。絶対知ってるはずなのに、俺なんにも知らないからとすっとぼける、もし女性がこんな現場に居合わせたら、恐怖と疑心暗鬼に身体も心も支配されてしまうこと間違いなしです。

次はコレ。


20090112_799588.gif

itakune.jpg

痛っ・・・くねー 全然痛くねえ
見た目ほど痛くねえわ
でもちょっと用あるし帰るわ

―マハトマ・ガンジー(政治指導者)

インド独立の父、非服従運動の中心的人物として知られるガンジー。彼はどんな迫害を受けても、非暴力を貫き通した信念の人。
しかしそんなガンジーも、暴力を受けて痛くないわけがありません。それでも、それでも彼は痛くないと言う。そんな彼の強がりに、心奪われる女性は後を断ちません。


20120213_2401463.gif

sozainoaji.jpg

もお〜!素材の味を殺さないでちょ〜よ〜!
素材の味を殺さないでちょ〜?

―道場六三郎(和食料理家)

料理の鉄人として知られる道場六三郎氏。彼の料理への職人としてのこだわりを表した一言です。
何より和食は、素材を活かすことが最も大事なことだそうです。素材の味を殺してはいけません。


20090122_835501.gif

kousuiaeta.jpg

あれ?香水変えた?
それに、対米関係を重視する方針に変えた?

―麻生太郎(副総理・財務大臣)

日本を代表する大物政治家で、家柄がよく、スポーツもでき、クールでオシャレ、そんな麻生氏だから言える一言。僕なんて対米関係という言葉を人生で使ったことすらありません。話題の持って行き方が多少強引でも、麻生氏ならば自然に見える不思議。これはいくら中国共産党の大物であろうとも、日本を無碍にするわけにはいきません。

はい次。

135dbc4f.gif

beihei.jpg

最近米兵殴ってねえなー
―バラク・オバマ(アメリカ合衆国大統領)

うん。これは最低。これはさすがにダメだわオバマ。
大統領権限で米兵を一列に並ばせ、順番に殴ってストレス解消。最近またストレスが溜まってきたんでしょうか。アメリカという大国を預かる身としては、色々あるでしょうが、これはダメ。


20091203_1602913.gif

itarianohanasi.jpg

・・・ほらまた語っちゃったじゃ〜ん
ったくホント俺からイタリアの話引き出すの上手いよなぁ

―長友佑都(サッカー日本代表)

イタリアのビッグクラブ、インテルミラノで活躍する長友選手。かつて情熱大陸でイカスミパスタをボッタルガと言って、取材記者が「?」ってなっていると、あっそっかボッタルガはイタリア語だったわwととぼけてみせたイタリア通。そんな長友選手からイタリアの話を聞かせてもらえたとしたら、僕が女の子だったら、イタリアに恋をすることうけあいです。


20120126_2385216.gif

kyakkansi.jpg

大丈夫です
自分のこと客観視できてますから

―空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険・3部主人公)

承太郎のそばに立つ(スタンド)スタープラチナは、自分の精神の分身。話が進むにつれ冷静沈着になっていく完璧超人承太郎。これは自分を客観視できていると言い切っていいんじゃないでしょうか。言い切っていいんじゃないでしょうか!


20120620_2501473.gif

7ninkorosita.jpg

今までに7人殺しました
―50cent(ラップMC)

50centと部屋に二人きり、突然こんなことを言われてごらんなさい。もはや残された選択は、彼に抱かれるだけです。アナルを拡げて、彼のビッグマグナムを受け入れる体勢を整えるだけ。それは恋かはたまた恐怖か。マジでドープでハーコーです。


20110406_2090417.gif

kanjyoganai.jpg

話かけないでくれ・・・
俺・・・感情がねえんだ・・・

―ASIMO(本田技研のロボ)

これはごめんと謝らざるを得ない。そこ気にしてたのかと、何とも言えない気持ちになります。胸がキュンキュンしてきます。もしや・・・これが恋!?女性の母性本能に訴える、惚れさせ名言ここに極まれりです。


20090727_1361109.gif

kanjyoganai.jpg

確かに・・・僕の記憶が戻らないっていうのは
世界の損失ですもんね・・・

―ASIMO(本田技研のロボ)

超重要データを消去してしまったASIMO。バックアップをとってない本田さんにも落ち度はありますが、本当にこれはヤバそうな雰囲気がプンプンします。失われてしまった重要データは、果たして復元できるのか・・・!?


20120816_78858.gif

kakonokotoha.jpg

よせ
過去のことは聞くな

―ASIMO(本田技研のロボ)

美女とのデート中、過去を聞かれたASIMO。一般人なら軽い質問だとしても、彼にはしてはいけません。世界が多大な損失を被ったといわれるあの重要機密データ紛失事件、一体どう処理したというのか。真相は闇の中です。


20090401_1073410.gif

nannitinemutteta.jpg


何日間眠ってた?

―クマ(冬眠明け)

ひと冬を無事に越えた充足感と、月日の感覚のズレにとまどう少しの不安。自信と不安、そのギャップがほどよい感じで女性の心をくすぐります。


20090713_1331923.gif

kurumikuu.jpg

くるみ食う?
―リス

こんなスマートなディナーの招待を、僕は見たことがありません。これを断る女性など、この世にいるのでしょうかいやいない。ぶっきらぼうでいて、かわいさがあふれる、そんな姿に世の女性は群がるでしょう。


20120111_2372593.gif

hujisandehanai.jpg

君!落ち着きたまえ!
私は富士山ではない!

―双子山(富士山の横にそびえる山)

侍魂というサイトで、管理人の健さんが富士山登頂を目指して間違って登ってしまったことで有名な双子山。富士山という、日本一の山がとなりにあることで、決してスポットライトを浴びることのない日陰の存在。しかし彼はその現実を受け入れ、君が登りたい山はここじゃないだろう、と教えてくれる。

なぜ山に登るのか、そこに山があるからと、ある人は言った。そこに山があっても、登ってくれさえしない、たまに登ってきた人がいても、自分を目指して来たんじゃない、そんな境遇にあっても、決してヤケになったりしない、強い男に女は惚れる。それを体現した名言です。



地獄のミサワの名言集、キャスティングは以上です。

最後に、画像の処理とネタの探索で、僕は実質昨日1時間しか寝てません。つれーわー。1時間しか寝てないからつれー。実質1時間しか寝てないからなー。

20090807_1383278.gif

世界の偉人さん達、地獄のミサワさんに愛をこめて。




posted by ゆうだい at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

世の中の可愛いはおっさんでできている

売れっ子アイドルはおっさんがプロデュースしているし、萌え絵のほとんどはおっさんが描いている。

この世の中のかわいいものは、おっさんでできているのだ。


このことに気づいた最近、はまっている遊びがある。

アイドルを見ると、背景におっさんの顔が夕日のように浮かび、萌え絵を見ると卒業写真の休んだ奴みたいにおっさんが右上に出てくるイメージをするようになった。いちいちどんなおっさんがそれを作っているのかは調べないが、なんとなくこんなおっさんだろうなと想像してはイメージを膨らませる。

そしたら徐々に、アイドルや萌え絵よりも、おっさんのほうが可愛く見えてくるようになった。

断っておくが、僕はゲイではない。しかしおっさんは可愛い。
フリフリの衣装を真剣に選ぶおっさん。絵の資料のために女性ファッション誌で流行をおさえるおっさん。かわいい。

かわいいとは何かを日々真剣に悩むおっさん達がいるからこそ、ぼくらは可愛いものを楽しむことができるのだ。

ありがとうおっさん。おっさん万歳。


一番かわいいのは、おっさんの心です。




posted by ゆうだい at 19:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。