2014年09月08日

インド(最後)

無知識でインドへ行くことは、絶対にやめたほうがいい。


今ではインターネットが発達していて、とても詳細な現地の知識を得ることができます。


知らない土地へ行く時は、必ずインターネットで現地情報を仕入れていくのが常套手段ですよね。


ただ僕は、今考えると本当にくだらない、糞みたいなポリシーで行動していたため、現地情報を全く仕入れず、最悪の状況になりかけました。

そのポリシーとは、「僕は自分の目で見たものしか信じない。」ムーミンに出てくる旅人、スナフキンの名言です。頭の悪い僕は、その名言を曲解し「事前情報は全く仕入れず、行ってみて自分の肌でそれを感じて、判断するべき。」というふうに解釈していました。


これは、台風がくるぞーって言ってる人がいるのに、対策を全くせず、台風が危険だって誰が決めたんだ!俺は実際に台風に遭ってみて、それから判断するぞ!と言っているようなもの。


スナフキンが言いたかったのはそこじゃない。事前に情報を仕入れて対策を練るのは、人として当たり前の行動。人として当たり前ができた上での、そこから先の、精神的な物の見方をスナフキンは説いているんだと。インドに行って、被害に逢って、その時ようやく気付いたのです。


さらに、僕の性格は適当なので、あまり確認をしません。なんとなくそうだろうで済ましてしまうことが多い。一度、航空券を確認せず、羽田と成田を間違えて、大変なことになったこともありました。





さて。


本題はここから。インドに行って、事前情報を全く仕入れず、なんとなくで向かった先は、コルカタのサダルストリート。ここにバックパッカーがたくさんいるということでタクシーに連れて行ってもらったのです。


サダルストリートに着くなり、色んなインド人が声をかけてきます。

一緒にチャイ飲まない?


初対面のインド人にチャイを奢ってもらい、友達が出来て良かったとインドの旅がようやく楽しくなり始めてきました。


そして、そいつが言うには、「海外から来た人達にインドを好きになって欲しい。だから親切にするんだ」とのこと。



サダルストリートで数日過ごし、声をかけてきたインド人に観光に連れてってやるよ、と言われ、別に観光なんてしたくなかったのですが、そのインド人が親切だったので、ついていくことにしました。


翌日、なぜか彼の友達が一人増え、彼らと共にコルカタの街を観光しました。僕は、正直言って観光地は人がいっぱいいて疲れるし、大体遺跡か珍しい古代の〜とかで、そんなに興味ないし面白くもないしであまり好きではありません。

ですが、現地の人と仲良くなって、その人たちと楽しく過ごすのは好きなので、彼らとの交流を目的に連れてってもらうことにしたのです。彼らは、タクシー代とかも払ってくれたし、とても親切だった。ただ、なぜかしきりにカードを持ってるか?日本のカードってどんなのなんだ?ちょっと見せてくれ。と聞いてくる・・・この時は特に疑問に思いませんでした。



さらに明日、また会えるか?と。僕は完全に彼らを信頼し、友達だと思い、快くOKと言いました。


翌日、彼らを待っていると、なぜかまた1人増えていました。しかもこいつは日本で働いており、休暇でインドに来ているんだとのこと。社員証も持っていた。

今日はお土産とかも紹介するから、手持ちのお金を降ろしといたほうがいいよと言われ、銀行へ。なぜかATM操作をしていると後ろに立っている。え?何?というと別にーといった感じで離れていった。?となったけど、特に気にしないことにした。


コルカタから、どこか別の場所に行く予定はあるのか?と最後に合流した日本語堪能なインド人に聞かれ、まだ決めてないと言うと、俺がお前の旅を満喫させてやるよ!と言って、コースを決めてくれた。コルカタからデリーへ、途中に色々な観光地を巡る旅。鉄道会社に早速電話し、しめて24000ルピーだという。手続きは全部彼がしてくれるとのこと。この時はインドって物価が激安の割に鉄道だけはめっちゃ高いな・・・としか思わず、彼が詐欺師だなんて微塵も思わなかったのである。

うーん、考えとく。と言うと、今ならまだ席が空いてるから、これ埋まっちゃったらもう席取れないかもしれないぞ!と言われ、特に行きたくもなかったので、じゃあいいやと断った。今思えば、NOと言える日本人で良かった。適正価格のウン十倍で旅するところだった。



そういった「??」となる行動が多々あったものの、適当な性格の僕は特にそれを気にすることもなく、彼らと行動を共にしていた。



数日後、4人で映画へ。


インドでは、外国人が映画を見るには、カードのコピーが必要なんだ。コピーしてきてやるよ。と言われ、僕はカードを渡しました。

さすがにこの時点で、あれ?なんかおかしくね?と気付く僕。彼らと別れた後、ネットカフェで調べると、出てくるわ出てくるわ。同じような手口の詐欺。心当たりがありすぎてちょっと笑ってしまった。


おそらく、カードはスキミングされており、僕が彼らと別れたら、金を抜かれる。この土地を急いで離れて、カードを停止しなければいけない。

その日に翌日発の航空券を速攻で買い、カード停止の手続きへ。幸い、もうひとつのカードは奴らにバレていないため、しばらくはそれで過ごすことに。



これが僕の出会った詐欺集団。他のインド人たちにも色々やられたけど、インドで一番多くの時間を共にし、詐欺られそうになったのはこいつらだった。幸いなことに実害は出なかったが。(むしろチャイとかタクシーとかおごってもらった)



インドに行く前に、インドは詐欺師だらけっていう情報を仕入れておけば、こんなにインドを嫌いになることはなかったはず。もう二度とインドへいくことはないと思ったし、日本でも、インド人経営のカレー屋は避けるようになった。さすがに日本でインド人が困っていたら助けるけど、インド人と積極的に関わることはもうない。

全ては僕の糞みたいな間違った解釈のポリシーから招いた準備不足、情報不足が原因。インド人も悪いが、僕も悪い。このことを反省し、生きていきたい。


くそっ、インド人の作った本格カレーが食べたい。しかしインド人に関わりたくないから食べに行けない。
これもまた、僕の糞みたいなポリシーによって招かれた弊害である。




【ニュースの最新記事】
posted by ゆうだい at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

インド続きその2

インド人インド続きからの続きです。

そうして無事、コルカタの地へと降り立った僕は、タクシーで宿のあるサダルストリートへ向かった。


サダルストリートへは空港からタクシーで30分。相場は400リンギットくらいと聞いていたのだけれど、450リンギットまで値切ったが、それ以上まけてくれなかったので、とりあえずそれでいいやと思ってタクシーに乗り込んだ。

普通のタクシーなのに、なぜかもう一人乗客が相乗りしてきた。そして後にこいつがめんどくさい事件の原因となった。


インド人は、車のクラクションを異常に鳴らす。割り込むとき、信号が青になった時、それ以外にも普通にカーブするだけでププーってやる。インドの道路はすごいうるさいし落ち着かない。また、道路で楽器を鳴らして象と一緒に歩いている集団がいて、そいつらのせいでめっちゃ渋滞になっていた。その間もずっとクラクションは鳴りっぱなし。演奏聞く気全くない。

こいつらめんどくさいなあと思いながらも、文化の違いがちょっと楽しかった。この時までは。


そして相乗りしてきた乗客の目的地に着き、運転手が運賃を要求した。


でも、その目的地は違ってた。


インドの言葉は全くわからないけれど、ニュアンスでなんとなく「なんでこんな所で降ろすんだ!」「俺は確かにここだって聞いたぞ!」「俺は○○って言ったじゃないか!」「いや俺はここだって聞いた!」みたいなことを言っていた。


どっちも全く譲らない。そしてお互いにお互いの話を聞く気が全くない。だから二人共ずっと怒鳴り合っていて、会話のキャッチボールが全く出来ていなかった。どっちもありったけの球を全力で投げ続ける、会話の雪合戦だった。インド雪降らないけど。

一方的に自分の意見を言い放ち、相手の言い分を全く聞かないその姿勢に僕はドン引きしていた。


そして乗客は怒って金も払わずにどこかへ行った。象の集団とか喧嘩とか色々あってここまでで1時間。本当ならとっくに宿に着いている時間だ。

しかもその運転手、どこかへ電話をかけ始め、一方的に怒鳴り始めた。何を言っているかわからないが、とにかくすごい剣幕で怒鳴っていた。携帯の受話器を直接口に当て、警察が無線で連絡するような格好で、一方的に怒鳴っていた。


こんな感じ。


そしてなんとかサダルストリートにたどり着いた。空港を出発してから2時間が経過していた。

なぜそんなに時間がかかったか。喧嘩や象の集団にも原因があるが、なんとその運転手、サダルストリートに行く道を知らなかった。行く道行く道で誰かにサダルへの行き方を教えてもらっていた。僕も地図を見て協力したりして、なんとか目的地に着くことができた。


やっと宿でゆっくりできるとホッとしたのも束の間。


チェックインをしようとしたら、ネットで予約してあったはずの僕の名前がないと言われた。超めんどくさいこいつら!インド人ホントめんどくさい!

この辺から僕はもう、インドを嫌いになりかけていた。続く




posted by ゆうだい at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

インド続き

インド人からの続きです。


そして僕はインドに降り立った。しかし一つ問題があった。

ビザを持っていなかったのである。


インドでは到着した時にビザを取るアライバルビザというのが最近できたとのことなので、それをしようと思っていた。

なので、ネットで調べたアライバルビザの取り方を参考に、以下のものを準備していきました。

・パスポート(残存有効期間6か月以上)
・パスポートサイズの写真(3.5cm×4.5cm)
・出国用のEチケット(30日以内に出国できるものを用意する)
・ホテルのバウチャー(ホテルの予約確認書)
・100USドル(僕は多めに持っていましたが、実際は60ドルくらいあればいいとのこと)

今回のビザ取得の経験を踏まえたうえで、これからアライバルビザを取ってインドを旅行しようとしている方に伝えておこうと思います。

アライバルビザを取るくらいなら、普通に日本でビザ申請していった方が絶対いいということを。

まず、コルカタ空港で「アライバルビザ申請したいんだけど」って言うと、検査官内でおいマジかよ・・・みたいなざわつきがあります。あと、なんかよく分かんないけど「こいつ馬鹿だ」みたいにニヤニヤされます。そんなアライバルビザ取る奴って珍しいの?

そして別室へ通され、とりあえず20分くらい放置されます。いつ申請してくれんの?って聞くと、まあ待ってろと後回しにされます。この待ち時間、すごい不安になります。

あと少しでも不備があると、インド人めっちゃ怒ってくる。あいつらすぐ怒る。そして放置されます。たぶんアライバルビザの申請って検査官にとってめっちゃ面倒くさいんだろうな・・・と思いました。ごめんなさい検査官の人たち。

ちなみに僕はexpediaで出国用のEチケットを取ったんですが、expediaは航空チケットの代理店なので、航空会社や航空機の番号とか書いてなくて(出発日の数日前に改めてメールが届く)、しかもIpad画面で見せたら、「なんで航空会社とか書いてねーんだ!あと印刷した紙で持って来い!」って怒られた。そんでそのまま「お前はもうインドに入れないな!この話は終わりだ!」とか言ってどっか行ってしまった。アライバルビザを取るときは、ちゃんと航空会社からEチケットを予約しましょう。多少高くとも。あと印刷もしておきましょう。


申請ルームに放置された僕。マジかよ・・・ってなったけど、なんとか別の検査官を捕まえて、PC画面から航空券を印刷してくれって言って、印刷してもらった。

航空券には航空会社とか航空機の番号とか書いてなかったのですが、その検査官はさっきの人とは逆に、めっちゃ適当で、申請用紙に適当に航空会社名とかを書いてくれました。

この辺りは、人によっても対応は違うようです。だからもし不備があって、僕と同じように放置されても、適当そうな顔した奴を探し出せばなんとか乗り切れるはずです。

でもこの適当そうな奴にも落とし穴があって、こいつはこいつで、説明不足すぎてとても不安になりました。

その適当な奴についてこいと言われてそのまま入国ゲートを通過したので、えっいいの!?とキョドりながらついてったら、とりあえず金出せとか言ってくる。

申請の準備に不備があったし、賄賂も仕方ないか・・・と思ってお金を出したら、僕が出したUSドルをルピーに交換して、そのまま約70ドル分のルピーを抜き取って、別の奴に手渡した。こいつにも賄賂渡すのかよ・・・と思っていたが、なにも言えない僕。ここで騒いだらインドに入国できないので、主導権は完全にあっちにある。

でもなぜか、一通りルピーを眺めたあと、返してくれた。

??と思って聞いてみると、インドの金は偽札が多いから、本物かどうか調べてもらったんだそう。曰く「申請に必要なお金を偽造通過で払うわけにはいかないから。」

早く言えと。このままどんどん金むしり取られてくんじゃないかとめっちゃ不安だったわ。しかも結局ルピーで払うんかよと。日本円からドルに替えた手数料分損したわ。

あれ・・?でも申請に必要なのは60ドル分だったはずじゃ・・・?
・・・そこは気にしたら負けかなと思ったので、スルーしました。


そんなこんなで、なんとかインドに入国できましたが、インド旅行しようと考えている人は、あくまで最終手段としてアライバルを使うという心持ちでいたほうがいいと思います。アライバルビザが通るまでの間、不安と緊張で余計な精神を削ります。

普通に正規でビザを取れるなら、絶対に取った方がいい。そう思いました。

続く




posted by ゆうだい at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。